外壁塗装を依頼する|住まいを塗装でキレイにしよう

家

塗装をする前の下塗り

オペレーター

モルタルの外壁であると塗装をする前に下準備をする必要があります。一般的に塗料を塗る前は高圧洗浄機を使ってカビや汚れ、チョーキングを洗い流します。
次に作業で汚れやホコリを掃除し、サンドペーパーやナイロンたわしを使って綺麗にします。そのときには、研磨をして素材の表面に傷をつけて塗料が乗りやすくする工夫をしています。
こういった作業を行なっているときにベランダや庭にある鉄部が錆び付いているときはワイヤーブラシや電動工具を使ってサビを落としておきます。このような準備が終わると下塗りをしていきます。
下塗りは接着剤の役割を持っており、塗料の密着性を高める効果があります。下塗りにも種類があり、塗る場所によって使い分けます。一つは外壁専用、二つ目が木専用、そして最後が鉄美の下塗りです。
この下塗りは完成する色とは違う色を塗るので本格的な外壁塗装をするときには塗り残しがすぐに分かるようになっています。例としてあげると仕上げの色が白であれば、下塗りはグレー。木部の色が茶色であれば、茶色に近い赤の下塗りを塗ります。
モルタルの壁はクラック、ひび割れることが特徴としてあります。仕上げ塗装をする前にはコーキングなどでひび割れを防いでから外壁塗装に入ります。
これらがモルタルの外壁塗装の流れになっています。前もって外壁塗装の流れを知っていると工事を見ているときにどのような作業をしているのかを知ることができます。この他にも分からないことがあれば外壁塗装の専門家に相談するといいでしょう。